創業昭和八年
おかげさまで、現在では小樽最古の寿司店舗となりました。
つけ場に立つのが四代目釜石一男、厨房で味付けを決めるのが三代目釜石哲男、親子二人三脚で暖簾を守っております。

先代から受け継がれた寿司酢や煮切り醤油、そこに地元の魚を中心に全国の旬の食材を使い、型にはまることなく仕事をする。
一手間を惜しまず、伝統を守りながらも独創性を追求して参ります。

小樽の下町手宮で、ゆったりと流れる時間と空間をお楽しみください。